【吉野家朝食】メニュー最新版|実際に食べたおすすめ・カロリー・時間まとめ

吉野家外観

吉野家の朝定食(朝ごはん)

吉野家外観

吉野家の朝食メニューの特徴は、牛丼以外のメニューが豊富なので、軽く食べたい人にもおすすめです。

ハムエッグ・しらすおろし・辛子明太子・納豆・焼魚など、日本を代表する朝食メニューが揃っています。

現在は期間限定として、塩鯖定食がありますが、期間限定メニューが多いのも魅力のひとつです。

 

もう1つの特徴としては、朝の4時から利用できるのでとにかく早いです。

早く起きすぎたときは、吉野家での朝食がおすすめです。

他の牛丼屋のモーニングは5時からがほとんどなので、吉野家が一番早くから始まります。

 

今回は吉野家の朝食メニューを詳しくご紹介していきます。

実際に食べたメニューも数多くありますので、写真付きで説明します。

 

朝食メニューの時間帯は何時から何時まで?

吉野家の朝食の提供時間は、4:00~11:00までです。

モーニングの提供時間が7時間は、かなり長いです。

牛丼屋で4:00からモーニングをしているのは吉野家だけです。

 

朝早く起きた場合は吉野家がおすすめです!

 

持ち帰りはできるの?

朝食メニューはすべて持ち帰りができません

牛丼などの通常メニューのテイクアウトは、モーニングの時間帯でもすることが可能です。

 

朝食メニュー(カロリー記載あり)

朝食メニュー

実際のメニューがこちらです。

2019年3月からメニューが変更になりました。

新しく変わった部分は、一汁三菜朝膳が新メニューに追加になったことです。

メニューに牛肉の写真が少ないので、牛丼屋の朝食メニューとは思えないメニュー構成になっています。

一汁三菜朝膳は、ごはん・みそ汁に3つのおかずが付いてきます!

 

2019年3月以前のメニューは下の写真です。

人気メニューのハムエッグ定食がなくなり、ハムエッグ納豆定食に変更になりました。

ハムエッグ定食が、吉野家の朝食メニューの最安値である350円でしたが、2019年3月よりハムエッグ納豆定食の390円が最安値の朝食メニューに変更しました。

他の牛丼屋では、300円以下のメニューがあるので、他社と比較をすると高く感じると思いますが、コスパを考えると決して高いとは思わないです。

ハムエッグ定食は吉野家でも人気商品になっていて、個人的にも一番おすすめしたいメニューです。

ボリュームや料理のバランスなどを考えると、間違いなくお得なのであとで詳しくご紹介していきます。

 

一汁三菜朝膳

朝食メニュー

商品名 価格 カロリー
ハムエッグ納豆定食 368円+税 638kcal
納豆牛小鉢定食 368円+税 646kcal
ハムエッグ牛小鉢定食 458円+税 676kcal
塩鯖納豆定食 458円+税 675kcal
焼魚牛小鉢定食 548円+税 710kcal
Wハムエッグ牛小鉢定食 548円+税 788kcal
+30円でご飯の大盛が可能です。

 

定番の朝ごはん

朝食メニュー

塩鯖定食 428円+税 572kcal

塩鯖定食は季節限定でしたが、現在は定番メニューになりました。

脂がしっかりとのっているので、大根おろしと一緒に食べるのがおすすめ。

 

しらすおろし定食 368円+税 546kcal

しらすおろし+卵かけごはんは新しい発見です。

しらすもたっぷり入っています。

 

焼鮭定食 428円+税 566kcal

焼鮭は脂がのっているので、ごはんがすすみます。

 

辛子明太子定食 368円+税 466kcal

他の牛丼屋のお店で朝食に辛子明太子は食べれないので、吉野家だけの特別メニューです。

 

特朝定食 528円+税 773kcal

焼鮭+納豆+生卵の組み合わせです。

日本の朝食の定番メニューです。

 

納豆定食 338円+税 595kcal

納豆+生卵+味のりの定番メニューです。

 

朝牛セット

朝牛セット

画像引用元:https://www.yoshinoya.com

牛丼とみそ汁に、5種類から選べる小鉢がついた朝食セットメニューです。

小盛 398円+税

並盛 418円+税

アタマの大盛 518円+税

大盛 578円+税

特盛 698円+税

超特盛 788円+税

朝食でしか食べられないお得なメニューになっています。

 

選べる小鉢

・玉子

・半熟玉子

・ミニサラダ

・納豆

・お新香

5種類から自由に選ぶことができます。

 

定食のみそ汁を変更することも可能です。

・とん汁 121円+税

・しじみ汁 93円+税

・あさり汁 93円+税

 

吉野家のとん汁

吉野家とん汁

とん汁 186円+税 176kcal

吉野家のとん汁はテイクアウトが可能です。

とん汁フェアのようなものをやっていたので、実際に注文してみました。

 

吉野家とん汁

豆腐の大きさが規格外です!

吉野家とん汁

豆腐は大きいサイズで入っていて迫力があります。

野菜はニンジン、ゴボウ、レンコン、里芋、玉ねぎなどが入っています。

豚肉もたくさん入っているので食べ応えがあります。

味はさっぱりとしていますが、出汁はしっかりと効いています。

吉野家の朝食メニューのみそ汁は、+130円でとん汁に変更可能です。

+100円で、しじみ汁とあさり汁に変更できます。

 

ご飯大盛りはいくら?

+30円で大盛りに変更可能です。

 

納豆や牛小鉢や明太子を追加するといくら?

納豆は+80円です。

牛小鉢は+140円です。

明太子は+140円です。

がっつりと食べたい方は、牛小鉢がおすすめです。

 

海苔は何枚入ってるの?

吉野家海苔

味付き海苔が5枚入っています。

海苔って最近は値段が上がっているから、枚数が3~4枚の会社が多いですが、吉野家は5枚入っていてお得です!

 

実際に食べてみたおすすめメニューの感想

ハムエッグ定食

おすすめはハムエッグ定食です。

現在は一汁三菜朝膳の『ハムエッグ納豆定食』が販売されているので、後で説明していきます。

過去のハムエッグ定食との違いを説明したいので、まずはハムエッグ定食から説明します。

 

目玉焼き

鉄板で提供されるので、最後まで温かい状態で食べることができます。

鉄板の熱でキャベツがしんなりするので、朝の胃にはとても優しいです。

ハムでくるんで食べるとさらに美味しいです。

キャベツはドレッシングではなく、マヨネーズで食べるスタイルです。

付属のコーンは甘みがあって美味しいです。

並でもご飯の量が多いので、納豆があるとちょうどいいかもしれないです。+80円で納豆を追加することができます。

これで350円なら大納得です。

 

こちらが現在販売されている『ハムエッグ納豆定食』です。

ハムエッグ納豆定食

鉄板に入っていたサラダが別の小皿に盛られているだけの違いです。

ハムエッグ定食のサラダが別盛で、納豆が付いたメニューに変更しています。

鉄板は今までと同じものを使用しているので、サラダをそのまま鉄板に入れれば以前のと全く同じになります。

付属のコーンも全く同じなので、実際にサラダを鉄板の中に入れてみました。

目玉焼き

以前よりサラダの量が増えているのが一目瞭然です…。

味とコスパも良いので、吉野家の人気メニューであることは間違いないです!

朝は温野菜にして食べた方が、胃にも優しいのでおすすめです。

 

しらすおろし定食

しらすおろし定食も食べてみました。

こちらは390円です。

吉野家味噌汁

みそ汁は、ネギとワカメが入っています。

すべての朝食メニューみそ汁は付いてきます。

吉野家ご飯

ご飯は普通盛りです。

大盛にしなくてもちょうどいい量でした。

しらす

しらすは冷蔵されているから少し冷たいです。

欲を言えば、釜揚げしらすみたいに温かい方が個人的に好きですね。

390円の定食で考えると、しらすの量は多かったです。

吉野家生卵

生卵は、黄身が盛り上がっていて、とても新鮮です。

食材にこだわっているのが伝わります。

しらすおろし

しらすの量はかなり多いので、390円は納得の値段です。

ご飯が隠れるくらいの量になります。

磯の香りがしっかりとあるが、臭みはまったく感じないです。

塩気がするので、醤油がなくてもちょうどいい感じです。

大根おろしは辛みはなく、食べやすいです。

しらす+大根で口の中がさっぱりしますね。

卵かけご飯と一緒に食べたことはなかったけど、こんなにさっぱりと食べられるのが新たな発見です。

こんなに贅沢にシラスを食べたのも久しぶりでした。

 

納豆定食も注文してみました。

↑納豆定食は現在も販売されている定番メニューです。

吉野家納豆定食

納豆定食のみそ汁をとん汁に変更しています。

納豆+生卵+とん汁があれば日本の朝食は問題ないです。

タンパク質と食物繊維がしっかりと摂れるので健康的にもおすすめできるメニューです。

 

納豆ご飯

最後は卵かけご飯に納豆をのせていただきました。

納豆にはネギも付いています。

 

 

季節限定メニューも注文しました。

塩鯖牛小鉢定食

季節限定の『塩鯖牛小鉢定食』もいただきました。

↑現在は塩鯖納豆定食が新メニューになっています。

吉野家に来たんだから牛小鉢は食べておきたいですね。

価格は590円です。→塩鯖納豆定食は490円です。

肉と魚をバランスよく食べることができます。

 

吉野家牛肉

+140円で牛小鉢か明太子を追加トッピングすることができます。

今回は牛小鉢にしてみました。

 

塩鯖

塩鯖

塩鯖は脂がのっているので、大根おろしと一緒に食べるとさっぱりとした味わいになります。

小骨などは一切ないので、お子様でも安心して食べれます。

塩味なのでご飯との相性もよかったです。

 

塩鯖

最後は残った大根おろしを牛肉にのせて食べました。

大根は粗目に削られていて辛みはなく、牛丼のタレとの相性も完璧でした。

 

まとめ

辛子明太子やしらすは、スーパーとかでは値段が高くてなかなか手が出しにくい食材ですが、朝食メニューでできるだけ安く提供しているのが、吉野家の魅力だと思います。

 

塩鯖定食も、吉野家でしか食べられないので、貴重な朝食メニューです。

 

一番のおすすめは、間違いなくハムエッグ定食です。

ハムエッグはもちろん美味しいですが、鉄板で温められた備え付けのサラダとコーンのレベルが高いです。

現在はハムエッグ定食としては販売されていませんが、一汁三菜朝膳として、ハムエッグ納豆定食は人気の定番メニューとして残っています。

一汁三菜朝膳はすべてにサラダが付いていますので、バランスの良い朝食を食べたい方にはおすすめです。

サラダは鉄板で温めると温野菜みたいになって美味しいですよ。

 

朝の4時から朝食を提供しているので、早く起きた朝は吉野家に行きましょう。