スポンサーリンク

富士そばの朝食メニュー最新版|朝そばの値段・カロリーを全部まとめてみた

2019年3月15日

スポンサーリンク

富士そば 朝食

立ち食いそば・うどんチェーン店である『名代 富士そば』には、朝そばというメニューがあります。

320円という破格の値段で食べれるので、かなりお得なメニューです。

最近では椅子席が増えていることから女性や家族でも利用しやすくなっています。

 

今回は、富士そばの『朝そば』について詳しくご紹介していきます。

実際に食べたおすすめメニューも紹介していますので、最後までご確認ください。

 

富士そば 朝そば メニュー

富士そばでは、店内に入ったら食券を購入します。

蕎麦だけでなく、カレーライス・親子丼・かき揚げ丼・豚しゃぶ丼などのセットメニューも豊富にあります。

少しわかりにくいですが、『朝そば』は一番左下にあります。

 

朝そば特徴

朝そばには3つのポイントがあります。

そば or うどん

たぬき or きつね

温かい or 冷たい

 

朝そばは、その時の気分や体調によって変えることができるのが特徴です。

食券を店員さんに渡したときに必ず聞かれるので、先に決めといてから渡してください。

全部で8種類の味を楽しむことができます。

 

朝そばの値段

富士そばの『朝そば』は温泉玉子が付いて320円です。

温泉玉子だけを頼むと、通常は60円です。

きつね又はたぬきそば(うどん)は390円なので、温泉玉子を付けると合計で450円になります。

朝そばは320円なので、130円お得なメニューです。

 

朝食の時間は何時から何時まで?

朝そばの提供時間は、朝5:00~朝10:00までで、全店舗で販売しています。

平日だけでなく、土日・祝日も実施しています。

 

朝そばのカロリー

朝そばの8種類のメニューをカロリーの低い順に並べてみました。

 

温かいきつねうどん 484kcal

温かいたぬきうどん 500kcal

冷たいきつねうどん 502kcal

温かいきつねそば  505kcal

冷たいたぬきうどん 518kcal

温かいたぬきそば  521kcal

冷たいきつねそば  523kcal

冷たいたぬきそば  539kcal

そばよりうどんの方がカロリーが低いです。

たぬきよりきつねの方がカロリーが低いです。

 

おすすめの朝そば

今回頼んだのは、①そば ②たぬき ③温かい です。

温泉玉子が付いた温かいたぬきそばが、320円で食べられます。

注文してからは、5分もしないうちに呼ばれました。

 

量は思っていた以上に多かったです。

蕎麦は平たくなっていて、コシがあります。

ネギやワカメもたくさん入っています。

汁は濃すぎないので、最後まで飲めるタイプです。

 

半熟卵をつぶして蕎麦と一緒に食べると、また違った味わいに。

マイルドさが増すので、朝でもぺろっと食べられます。

 

店内の様子

店内はすべて椅子があり、カウンターやテーブル席になっているので、1人や家族連れでも入りやすくなっています。

店内はオシャレで綺麗だったので、ゆっくりと朝食を楽しむことができます。

 

まとめ

蕎麦は消化吸収がいいので、朝に食べても胃がもたれにくいのが特徴です。

富士そばは駅の近くに店舗が多いので、電車に乗る前に朝そばを食べるのも良いかと思います。

朝そばは8種類ありますので、色々とパターンを変えて楽しむこともできると思います。

 

朝そばだけでなく、カレーライスなどのセットメニューもお得になりますので、がっつりと食べたい方にはおすすめです。