スポンサーリンク

【ジョイフルモーニング】メニュー・時間・土日・おすすめ・スープバー・カロリーなどのまとめ

2018年11月19日

スポンサーリンク

ジョイフル モーニング

ジョイフルは九州を中心に展開しているファミレスチェーンです。

平成30年6月末現在で、876店舗あります。

九州・沖縄エリアで416あり、全体の約半数が九州エリアにあります。

 

ジョイフルのモーニングをご紹介します。

ジョイフルのモーニングの大きな特徴は、『いつでもおはようメニュー』といって、いつでもモーニングを注文することができます。

24時間営業の店舗が多く、好きな時間に利用できるので、とても便利です。

いつでもモーニングが注文できるファミレスはジョイフルしかないので、最大の特徴だと思います。

モーニングメニューは和食・洋食がバランスよくあり、低価格で食べることができます。

 

 

モーニングの時間と土日の営業について

モーニングは土日もやっています。

24時間店舗の場合はいつでもモーニングを食べることができるので、時間を気にせず、自分のライフスタイルに合わせて食べることが可能です。

 

 

メニュー・カロリー

※すべて税込価格で記載しています。

 

・幕の内朝食 603円

773kcal

・豚みぞれ煮朝食 711円

585kcal

 

 

・七種の和朝食 603円

652kcal

・豚汁朝食 495円

選べる小鉢

生たまご 598kcal

半熟玉子 599kcal

納豆   571kcal

 

 

・モーニングエッグ 495円

パン  442kcal

ライス 568kcal

・モーニングコーンドリア 538円

747kcal

 

 

・モーニングオムレツ  495円

パン  456kcal

ライス 582kcal

・モーニングハンバーグ 646円

パン  686kcal

ライス 801kcal

 

・生たまご 63円  85kcal

・半熟玉子 63円  86kcal

・納豆   63円  58kcal

・味噌汁 106円  28kcal

・豚汁  171円 176kcal

 

 

+63円  炊き込みご飯

+106円 豚汁

 

定食・セットのご飯は、大・小盛の変更が可能です。

+106円で、ライス・パンのおかわりが可能です。

 

一番カロリーが低いメニュー

モーニングエッグ+パンのセット

442kcal

 

一番カロリーが高いメニュー

モーニングハンバーグ+ライスのセット

801kcal

 

おすすめメニュー

おすすめのモーニングメニューは、豚みぞれ煮朝食です。

好きな時間にモーニングを食べれるのはいいですね。

ランチとして食べるのも全然ありです。

 

ワカメと油揚げの味噌汁です。

 

ひじきが入っているから、とってもヘルシーです。

 

温泉卵と混ぜて食べると味がまろやかになります。

おかずがなくても、これだけでご飯がすすみます。

 

メインは豚みぞれ煮です。

熱々なので、かつお節が踊っています。

豚・ナス・パプリカ・キャベツが入っています。

大根おろしが入っているので胃にもやさしいです。

 

一味唐辛子を入れるとまた違った味わいになります。

モーニングじゃなくて夜食としても満足できるメニューです。

 

 

スープバー

+106円でスープバーを利用できます。

 

 

 

コーンポタージュ、オニオンコンソメ、クリーミーポタージュの3種類です。

 

 

ドリンクバー

すべてのモーニングメニューにドリンクバーが付いています。

 

コーヒーは、ブレンド豆と深煎り豆の2種類があり、好みで選ぶことが可能です。

 

ホットドリンクは5種類です。

 

アイスドリンクは11種類あります。

 

 

呼び出し音

ジョイフルの特徴として、呼び出し音がウグイスの鳴き声なんです。

慣れるまでに時間はかかりますが、慣れてくると心地よい音で、会話の邪魔にならないので良いかと思います。

 

 

まとめ

ジョイフルの大きな特徴は2つあります。

1つ目は、24時間営業の店舗が多く、好きな時間帯にモーニングメニューが食べれます。

2つ目は、呼び出し音がウグイスの鳴き声です。

 

ドリンクバーはすべてのモーニングに付いています。

おすすめは豚みぞれ煮朝食で、夜食としてもオススメできます。

 

ファミレスのモーニングを選ぶ際に参考にしてもらえればと思います。