スポンサーリンク

【いろり庵きらく】朝食・メニュー・時間・おすすめなどのまとめ

2019年3月14日

スポンサーリンク

いろり庵きらく 朝食

『いろり庵きらく』は、JRの駅の構内にある立ち食い蕎麦チェーン店で、関東を中心に62店舗展開しています。(2019.2現在)

店内は女性でも入りやすい雰囲気で、2人用のテーブル席もあり、椅子に座ってゆっくりと食べることができます。

茹でたての生そばと自家製かき揚げなどが、お手頃価格で食べられます。

特に朝メニューは安価でお得なセットメニューもありますので、詳しくご紹介していきます。

茹でたての本格的な蕎麦が駅構内で食べられます。

 

朝食の提供時間は何時から何時まで?

いろり庵きらくの朝食の提供時間は、開店~10:00までです。

開店時間は店舗により異なりますが、7:00前後に開店する店舗が多いです。

土日や祝日もモーニングをしています。

 

いろり庵きらく 朝食 メニュー

朝食メニューは全部で4種類あります。

10:00までの朝限定メニューで、お得なセットメニューも豊富です。

『温』か『冷』を注文時に定員さんに伝えてください。

『そば』は『うどん』に変更することができます。

・釜揚げしらす卵かけご飯セット

420円

・明太子ごはんセット

380円

たぬきそばとミニご飯のお得なセットメニューになっています。

 

・朝食そば・うどん

(そば・山菜・わかめ・半熟玉子)

380円

・朝食納豆セット

(たぬきそば・ごはん・納豆・生卵)

420円

茨城県産大豆のこだわりの納豆を使用しています。

 

トッピングメニュー

・自家製かき揚げ 120円

・たまご      80円

・きつね     120円

・揚げ玉      80円

・わかめ      80円

・コロッケ    100円

・いなり2個   130円

トッピングメニューは全部で7種類あります。

 

実際に食べてみたおすすめメニューをご紹介

今回は朝食限定の『朝食そば』を食べました。

トッピングは山菜・わかめ・ネギ・半熟玉子が入っていて、380円とかなり安価な値段で食べることができます。

具もたくさん入っているので、お腹が満たされます。

 

蕎麦は柔らかめになっていて、子供からお年寄りまで食べやすいと思います。

山菜とわかめもたくさん入っていて、飽きずに最後まで食べられます。

 

半熟卵の半熟加減が絶妙です。

卵をからめて食べると、黄身が濃厚なのでマイルドな味わいになりくせになりそうです。

スープは薄味ですが、出汁がしっかりと効いているので味わい深いです。

 

テーブルには七味とすりごまが置いてあります。

 

蕎麦湯用の湯桶も用意されているので、必要な時は店員さんに言えば用意をしてもらえます。

 

いろり庵きらく 全メニュー

いろり庵きらくの全メニューと値段をご紹介します。

麺の大盛は+120円です。

エビスビールや角ハイボールも販売されています。

 

温かいメニュー

・かき揚げそば
430円

・かき揚げ天玉そば
510円

・かけそば
310円

・わかめそば
390円

・コロッケそば
410円

・たぬきそば
390円

・きつねそば
430円

・ちくわ天そば
440円

・月見そば
390円

・鴨そば
500円

 

冷たいメニュー

・冷しかき揚げそば
430円

・ざるそば
350円

・板そば
610円

 

セットメニュー・その他

・ミニかき揚げ丼セット(そば)
650円

・ミニカレー丼セット(そば)
620円

・ミニカツ丼セット(そば)
650円

・いなり2ヶ
130円

・カレーライス
410円

・カツ丼
550円

 

かけそば回数券

かけそば回数券

6枚綴り:1620円(1杯270円)

通常のかけそばは310円なので、1杯で40円お得になります。

6杯だと240円もお得です。

 

店内

2人用のテーブル席があるので、女性でも入りやすい雰囲気になっています。昔のような立ち食いスペースは縮小していて、カウンター席にも椅子が設置されています。

 

まとめ

JRの駅の構内に店舗がありますので、少しでも時間があるときは利用しやすいです。

私が訪問した時は、女性のお客さんも2名食事をされていたので、入りやすい雰囲気になっています。

 

朝そばはかなり安価でお得なメニューが揃っています。

朝食メニューは10:00までの限定メニューになっています。

昔の立ち食い蕎麦屋とは違い、茹でたての本格的な蕎麦を安く食べられるのでおすすめです。