スポンサーリンク

【ランキング】立ち食いそばチェーンの人気おすすめメニューを比較!富士そば・ゆで太郎・小諸そばのたぬきそばを食べ比べ。

スポンサーリンク

立ち食いそばチェーン店 人気おすすめメニューランキング

立ち食いそば屋の人気のチェーン店を、ランキング形式でご紹介します。

実際に食べてみてぜひ紹介したいメニューも詳しくご紹介していきます。

最近の立ち食いそば屋は、テーブル席なども増えていて、カウンターにも椅子があることが多く、女性1人でも入りやすい空間になっています。

今回は店舗数の多い、ゆで太郎・富士そば・小諸そばの3社を比較して、立ち食いそばの魅力を説明していきます。

まずは実際に食べたメニューと一緒に詳しくご紹介します。

 

小諸そば

小諸そばは76店舗を展開している立ち食いそばチェーン店ですが、そのうちの74店舗は東京都に店舗があります。

残りの2店舗は埼玉県なので、都内に行かないと食べられない蕎麦屋さんです。

 

こちらが小諸そばのたぬきそばです。

価格は340円というお手頃価格です。

高級感のある見た目が食欲をそそります。

かまぼことほうれん草のトッピングです。

天かすはスープを吸うと味に深みが増して、蕎麦と一緒に食べると旨味が増して美味しいです。

 

蕎麦は細目で丸みのある麺です。

やや柔らかめですが、コシが残っていて食べ応えあります。

天かすと蕎麦の相性がよくて、たかがたぬきそばですが、レベルの高さを感じます。

 

小諸そばの最大の特徴が、ネギがカウンターに置いてあって、好きなだけネギを入れて食べることができます。

ネギは新鮮でみずみずしく、蕎麦にネギをいっぱい入れて食べたい方にはおすすめのお店だと思います。

 

富士そば

富士そばは駅前に店舗が多く、24時間営業の店舗の多いのが特徴です。

インドネシアや台湾・フィリピンなどにもフランチャイズ展開をしています。

 

富士そばのメニューはセットメニューが豊富です。

かつ丼・カレーライス・親子丼・かき揚げ丼などの定番メニューとそばのセットが人気です。

豚しゃぶ丼やしらす丼という変わったセットメニューもあります。

期間限定で、紅生姜入りちくわ天のそばが販売されています。

単品メニューでは、豚すきうどんや焼カレーきしめんなどの他店では食べられないメニューもあり、毎日通っても飽きないメニュー構成になっています。

 

富士そばは駅前に立地していることが多いからか、パスモなどの交通系電子マネーを使うことができます。

 

今回は、朝そばのたぬきそば+温泉玉子を注文しました。

ワカメとネギといういたってシンプルなトッピングです。

朝そばは320円で食べることができるので、かなり安くお得です。

 

ワカメ・ネギ・天かすというシンプルな構成ですが、お互いを邪魔しないバランスが素晴らしいです。

蕎麦は平打ちで食べ応えのある麺で、ツルツルな食感です。

スープは見ためよりもあっさりしていて、朝からでも飲み干してしまうくらいの飲みやすさ。

半熟玉子も崩れるか崩れないかの絶妙な半熟具合で、まろやかな味わいになります。

 

ゆで太郎

ゆで太郎は東京都を中心に207店舗あり、日本で一番店舗数の多い立ち食いそばチェーン店です。

ゆで太郎の特徴は、なんといってもボリュームのあるメニューが多く、そばの普通盛りが250gと多めになっています。

 

ゆで太郎のメニューは丼のメニューにそばがセットになっているメニューが多く、満腹セットなどの安くてたくさん食べられるメニューが多いです。

客層も男性が多い印象があり、かつ丼やカツカレーなどの男性が好きそうなメニューが多いです。

日替わりセットなどもあり、お得なセットメニューを毎日楽しむことができます。

 

ゆで太郎の朝ごはんである『おろし焼さばめしセット』は360円で、安くてお得なメニューがあります。

大根おろしとネギが付いています。

 

ゆで太郎の温そばは天かすのみでシンプルですが、店舗で粉から製麺しているので、味は本格的です。

天かすはカウンターの上に置いてあるので、好きなだけ入れることができます。

スープは透明感があり、出汁がしっかりと効いています。

蕎麦だけでも美味しいので、ゆで太郎にしかできない温かみのある蕎麦になっています。

 

小諸そば・富士そば・ゆで太郎の店舗紹介と実際に食べたメニューを紹介しました。

ここからはランキング形式で説明していきます。

 

店舗数ランキング

1位 ゆで太郎 207店舗

2位 名代 富士そば 136店舗

3位 小諸そば 76店舗

(2019.2現在)

 

店舗数はゆで太郎が業界で1位の店舗数になっています。

フランチャイズ(FC)が展開での店舗拡大をしているので、現在は16都道府県で営業をしています。

 

実際に食べた『たぬきそば』ランキング

実際にたぬきそばを食べてみて、個人的におすすめしたい順にランキング形式でまとめました。

 

1位 小諸そば

小諸そばはネギを好きなだけ入れられるのが高評価です。

天かすはそばつゆとの相性も良く、高級感のある蕎麦でした。

今まで食べてきたたぬきそばの中でもトップクラスの味で、おすすめできます。

 

2位 ゆで太郎

たぬきそばというメニューはないですが、天かすを好きなだけ入れられるので、たぬきそばを自分で作ることができます。

シンプルだからこそ素材にこだわりを感じられて、何度食べても飽きない味になっています。

 

3位 富士そば

蕎麦が平打ちになっていて、つるつるで押しのある麺は他社では食べられない食感です。

朝から食べても最後まで飲み干せるくらいの味で、お手頃価格で食べられるのも魅力です。

 

まとめ

今回はゆで太郎・富士そば・小諸そばの3社をまとめました。

大手チェーン店なので、それぞれに特徴があり、食べ比べるのも1つの楽しみかと思います。

そばだけでなく丼などのセットメニューも魅力がありますので、今後も詳しく紹介していきたいと思います。